みんなで作る越谷市地域密着型情報サイト!越谷タウン情報サイト「越谷っ子」
越谷蕎麦商組合HP

越谷地区のそば・うどん店のことなら

越谷蕎麦商組合HP

越谷のそば・うどん店の事なら!!!

【携帯版】
携帯版
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

越谷蕎麦商組合です。

画像1
2016年4月20日越谷蕎麦商組合の総会で、
【そば うどん 朝日屋】岡田組合長が誕生しました。
よろしくお願いします。

平成29年度事業
常設型「こども食堂」への取り組み

彩の国そば日和・そば屋さん達の蕎麦ブログ
そば好きのために、そば屋が綴る。とことんそばを追求するブログです
http://saimen.or.jp/blog/
組合長がライターの一員として参加しています。
越谷の情報と合わせて発信して行く所存です。

また、親組合のホームページもよろしくお願いします。
http://saimen.or.jp/



越谷蕎麦商組合

画像2
組合加盟18店舗を、紹介するホームページです。
組合の事業活動報告・組合加盟店の紹介・メニューのPR等していきます。


そば湯の話

画像3
蕎麦が栄養バランスに優れた食品であるのは、ご存知でしょうが、蕎麦のたんぱく質の半分は水溶性のため、蕎麦を茹でた湯(=蕎麦湯(そばゆ))に、たくさん溶け出しています。
『もりそば・もり蒸(せい)籠(ろう)・ざるそば等を食べた後、余った汁に蕎麦湯を刺して飲み、蕎麦の余韻を楽しんでみる。蕎麦好きには堪(た)えられないひと時、蕎麦のしめくくりには、かかせないものだろう。・・』
湯桶(ゆとう)とは、蕎麦を茹でた湯を、お客様に出す為の容器で、自分に注げるように、注ぎ口が手前に向いているものが多いそうです。蕎麦湯を飲む風習は古く、江戸時代中期の寛永(1748−51)の頃に、江戸中に広まったといわれています。ただ昔の人が、蕎麦を茹でた湯の中に溶け出した、たんぱく質(蕎麦のうまみ成分)や、『ビタミンーB1・B2』さらに『ポリフェノール』の一種で、脳出血などの予防効果で知られる『ルチン』などの、水溶性の物質がたくさん含まれていた事を、知っていたのでしょうか・・?あるいは、残すことなく全部食べる為の知恵だったのでしょうか・・?それとも経験で、蕎麦湯が栄養的に優れている事を知っていたのでしょうか・・?
<蛇足―そば湯を入れる湯桶は、口が横に突き出している事から、話しをしている時に横から口をはさむ事を、「蕎麦屋の湯桶」と言うそうです。

活動場所 越谷市 東柳田町 4-13
HP http://saimen.or.jp/blog/
その他1 越谷蕎麦商組合
埼玉県麺類業生活衛生同業組合越谷支部
WEBサイト作成チーム
作成責任者は、朝日屋です。(上記住所・TEL・E-MAIL)
交通アクセス

 イベント情報

子どもの頃に切手収集をしたことがある・・・

ミューゼオ・スクエア深まる"モノ"への好奇心。
組合長が取材を受けました。
https://muuseo.com/square/articles/289

 耳よりニュース

平成29年度事業「こども食堂への取り組み

 

彩の国そば日和・そば屋さん達の蕎麦ブログ

埼玉県のおそば屋さんが独自の視点で、知識やコラム、
レビューを紹介する「そば好きのためのオフィシャルブログ」です。
そば屋さんが教える、調理のコツやそば湯の意外な使い方など、
蕎麦の雑学を紹介します。
http://saimen.or.jp/blog/
寿司 / 天ぷら / うなぎ / とんかつ / うどん・そば / ラーメン / 焼肉 / 居酒屋・小料理・割烹 / 食堂・定食屋 / 宴会/パーティー/コンパ / 和食(その他)